庄大根の出荷が始まりました。

地元庄地区で活動されている庄大根研究会(坂本信子会長)では、150年以上受け継がれてきた伝統野菜「庄大根(赤首大根)」を今年も会員の皆さん方が協力しながら育ててこられました。
この庄大根は、愛媛県特別栽培農産物等認証制度により農薬の使用や栽培地の基準が厳格で、栽培には多く労力が求められます。
9月に播種したものが写真のように立派に成育し、去る11月22日、愛媛県農林水産研究所において、作物の残留農薬を分析した結果、異状なく合格されました。
これから来年の3月頃まで、道の駅風早の郷風和里青空市場でお求めいただけることとなりますので、丹精込めて作られた安全安心な伝統野菜を是非味わってみてください。

 

 

2016年12月05日